ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
2022年9月25日
憧れのハワイウェディングを諦めない!子連れハワイ挙式のコツと注意点


「お子様と一緒にハワイで結婚式をしたい」と考えているご夫婦もいらっしゃるのではないでしょうか。「事情があり結婚当時には挙式しなかった」「憧れのハワイ挙式を一旦諦めた」という方が、お子様連れでハワイ挙式をされるケースも増えています。

ただ実際に子連れでハワイ挙式するとなると、不安も大きいもの。そこでこの記事では子連れハワイ挙式をスムーズに進めるためのコツと、知っておきたい注意点を紹介します。

子連れハワイ挙式のメリット


最近では「家族挙式(ファミリーウェディング)」という言葉も浸透し始めており、子連れでのハワイ挙式を検討する方も増えています。一方で「子どももいるのに、今更ハワイで結婚式なんて」と一歩踏み出せない方もいるでしょう。

そこでここでは子連れハワイ挙式ならではのメリットを紹介します。

子連れハワイ挙式は家族みんなの思い出になる

子連れ挙式には「家族みんなの思い出になる」というメリットがあります。ご夫婦二人のウェディング姿だけではなく、お子様の可愛い姿も写真に残せますよ。

家族旅行を兼ねて憧れのハワイウェディングを叶えられる点が魅力です。

また家族だけで挙式するのであれば、ゲストへの気遣いも必要なく、ゆったりと過ごせます。

ハワイウェディングの夢を叶えられる

「ハワイウェディングしたい」という夢を実現できるのもメリットです。「ハワイで結婚式したかったなぁ」と後悔し続けるより、思い切ってやってみたほうがいいと思いませんか?

中にはお子様を二人出産されてから子連れでのハワイ挙式を実現されたカップルもいらっしゃいます。固定概念で「今更結婚式なんて」と諦める必要はありません。

子連れハワイ挙式は大変じゃない?


子連れハワイ挙式をやりたくても「子連れは大変そう」と心配している方も多いでしょう。確かに子連れの海外挙式ですと「カップル二人だけ」「大人だけ」で挙式するより、制約や手間は多くなります。

ただ負担を減らすためのサポートもありますので、ご紹介します。

出張打ち合わせ・オンライン打ち合わせできる会社も多い

子連れ結婚式の場合「打ち合わせに子どもを連れて行くのが、すでに大変」と思ってしまうパパママも多いででしょう。

しかし最近では「出張打ち合わせ」や「オンライン打ち合わせ」ができるプランニング会社も増えています。このようなサービスを利用すれば、子連れでの打ち合わせの大変さも軽減できるでしょう。

▶ハワイウェディングの相談予約をする

ハワイ現地にも子連れカップルが利用できるサービスがある

ハワイ現地にも子連れカップルが利用できるサービスがあります。

まずハワイにはキッズウェルカムのホテルが多く、子連れでの宿泊でも快適に過ごせるよう工夫されています。具体的には、託児所やキッズ向けのアクティビティプログラムが充実しているホテルなどがあります。

宿泊先を検討する際にはホテルのクチコミなどをチェックして、「子連れでの滞在が快適か」を調べておくといいでしょう。

またベビーシッターサービスも豊富なので、挙式中やウェディングフォト撮影中に小さなお子様をシッターに預けることも可能。ただし「終日お世話してもらう」などの場合は料金が高額になることもあるので、事前にチェックしておいてください。

子連れハワイ挙式のタイミング


「子連れハワイ挙式をしたい」と思った方は、「子どもが何歳のときにハワイ挙式をするべきか」で悩むのではないでしょうか。あまり小さすぎるとお世話が大変ですし、大きすぎると旅費がかさみます。

結論から言いますと、おすすめのタイミングは「費用面重視なら2歳未満」「お世話のラクさ重視だと4歳以上」となります。

費用面重視なら2歳未満

できるだけハワイ挙式にともなう旅費を安くしたいなら、お子様が2歳になるまでにハワイ挙式を実行するのがおすすめ。

飛行機の国際線では2歳未満が「幼児」、2歳以上12歳未満が「小児」、12歳以上は「大人」の料金となり、2歳未満が一番料金が安いからです。

具体的には幼児は大人運賃の10%程度、小児は大人運賃の75%程度がかかります。

お世話のラクさ重視だと4歳以上

2歳未満のお子様をハワイに連れて行く場合、「まだ体力がないから熱を出すかもしれない」「パパママにべったりだから、ウェディングフォト撮影の時間にちゃんと待っていられるかな」などと心配する方も多いのではないでしょうか。

その点、4歳以上だとお世話がかなりラクになっていることが予想されます。パパママの話を理解し、いいつけを守れるようになってきているからですね。

ある程度の年齢ですと、お子様に挙式での「フラワーガール」「リングボーイ」を任せられるというメリットもあります。お子様が一生懸命役割をこなす姿はとても可愛いですよ。

ハワイ挙式時の子どもの服装


ハワイ挙式時のお子様の服装についてご紹介します。

おすすめの服装

ハワイ挙式時のお子様の服装は、動きやすく涼し気な服装がおすすめです。男の子ならアロハシャツ+長ズボン、女の子ならムームーなどですね。

教会式の場合、小学生以上なら大人と同じように「カジュアルすぎる短パン・サンダル・スニーカーは避ける」などの配慮をしましょう。乳幼児の場合は転ばないように履き慣れた靴でOK。

お子様が当日嫌がらないよう、できればお子様と一緒に服を選ぶのがおすすめです。

子どもの服の調達方法

子どもの服は日本でもハワイでも調達できます。

「せっかくだからハワイらしい服装で」という場合、ハワイで調達するのがおすすめ。衣裳はショッピングセンターで購入できますし、子ども用の衣裳を揃えているレンタルショップもあります。

ただしハワイで衣裳を調達する場合には、せっかくの滞在時間を衣裳探しに費やすことになります。時間を無駄にしないよう、「どこで売っていそうか」「どこで借りられそうか」などを事前にリサーチしておきましょう。リサーチ不足だと服探しに予想以上の時間がかかってしまう可能性があります。

子連れハワイ挙式のコツ・注意点


子連れハワイ挙式をスムーズに進めるためのコツや、知っておきたい注意点を紹介します。

出張打ち合わせ・オンライン打ち合わせが可能なプランニング会社を選ぶ

子連れ挙式の場合、「子ども連れだと打ち合わせが大変」と感じる方もいるのではないでしょうか。プランニング会社のオフィスが遠い場合、お子様を連れて行ったり、打ち合わせの間お子様を預かってくれる人を探すのは大変ですよね。

打ち合わせの大変さを軽減したいなら、出張打ち合わせやオンライン打ち合わせが可能なプランニング会社を選ぶのがおすすめです。

またカップル二人で事前に話し合って希望を明確にしておくと、打ち合わせの時間を短縮できて負担感が減りますよ。

ワンエイトプランニングでも出張打ち合わせを承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

キッズウェルカム&観光地にアクセスのよいホテルを選ぶ


子連れハワイでは、ホテル選びも重要なポイントです。観光スポットに近いホテルやキッズ向けサポートが充実しているホテルを選びましょう。

上記のようなホテルを選べば「観光時の移動時間が減る」「遠出しなくてもしっかり楽しめる」というメリットがあるからです。

ある程度の年齢のお子様であれば、お子様だけでホテル内のアクティビティに参加できるケースも。お子様がアクティビティを楽しんでいる間に、ご夫婦で時間を過ごすこともできますね。

日本人スタッフがいるホテルならより安心です。

お子様に無理をさせない

お子様に無理をさせないことも大切です。メインイベントである結婚式に万全の体調で臨めるように、ハワイ到着から結婚式当日までは、体力を使うイベントは入れないようにしましょう。

また行きの飛行機は夜便を選んで、お子様がしっかり眠れるようにするのもおすすめです。

お子様に「フラワーガール」「リングボーイ」をお願いする方も、当日の体調に合わせて無理をさせないようにしましょう。

お子様が好きなおもちゃやお菓子を用意しておく


ハワイ挙式・ハワイ旅行は「飛行機に乗る」「ホテルに泊まる」など、お子様にとって初めての体験の連続です。環境の変化に戸惑って、不機嫌になったり泣いてしまったりするお子様もいます。

移動中や挙式中に小さなお子様が機嫌良く過ごせるようにするため、お子様が慣れ親しんだおもちゃなどを用意しておくのがおすすめです。音が出ないおもちゃであれば、周りの迷惑になりにくいでしょう。

挙式や写真撮影の時間の都合上、ご飯やおやつの時間が普段とズレてしまうのであれば、簡単に食べられるおやつなども用意しておくといいかもしれません。ただしリムジンやバス、教会内では飲食厳禁のところも多いので注意してください。

お子様のお世話係を決めておく

結婚式当日のヘアメイク中や挙式中、そして二人だけのウェディングフォト撮影中には、パパママがお子様の面倒をみられません。そのためご夫婦以外にお子様のお世話ができる人を探しておく必要があります。

ハワイ挙式にパパママのご両親や兄弟姉妹が同行するのではあれば、親族に頼めますね。おじいちゃんおばあちゃんなど、お子様が慣れている相手であれば、お子様もパパママも安心です。

パパママとお子様だけでハワイに行く場合は、ベビーシッターを雇うことになります。日本語ができるシッターだと料金が高額になることもありますので、事前に調べておきましょう。

挙式後に子連れで巡りたいおすすめ観光スポット


挙式後に子連れで観光を行う方向けに、小さなお子様連れでも楽しめるおすすめの観光スポットを紹介します。ホノルルで挙式する方が多いので、オアフ島のスポットを中心にお伝えしますね。

オアフ島のロマンチックな観光スポット

オアフ島で「小さなお子様連れのご家族」にぜひおすすめしたい観光スポットは以下のとおりです。

アラモアナショッピングセンター 定番ですがやっぱりおすすめのアラモアナショッピングセンター。キッズ向けのお店も多数入っていて、大人も子どもも楽しめます。ビーチやアラモアナ・ビーチ・パークも近いので、ショッピング後に海遊びやピクニックを楽しむのもおすすめ。ショッピングセンター近辺で1日中楽しめます。
ホノルル動物園 ダイヤモンドヘッドを臨むカピオラニパーク内にある動物園。遊具や「ふれあい動物園」もあり、小さなお子様でも楽しめます。「日中は暑い」という方はナイトサファリもおすすめ。
マノアチョコレートファクトリー チョコレート好きのご家族におすすめしたいスポット。子どもと一緒に工場見学できるファクトリーです。工場見学は要予約。

他に潜水艦での海底アドベンチャー(アトランティス・サブマリン)やジュラシック・パークのロケ地巡りなどもおすすめ。お子様の興味に合わせて選んでみてください。

ただ繰り返しになりますが、無理はしないように。ハワイはホテル近くのビーチやカフェでも十分楽しめるので、お子様の体力に合わせてあげてくださいね。

まとめ:

子連れハワイ挙式のポイントは「余裕あるスケジュール」で「お子様に無理をさせない」ことです。メインイベントの結婚式が滞りなく進められるように、予定を詰め込みすぎず予想外のトラブルがあっても対応できるようにしておきましょう。

子連れハワイ挙式で憧れのハワイウェディングを叶えるカップルも増えています。「結婚式をしなかったこと」「ハワイ挙式を諦めたこと」に後悔があるなら、ハワイでの家族挙式を検討してみませんか。

もちろんワンエイトプランニングでも、子連れのハワイ挙式に対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

〈筆者のプロフィール〉

ワンエイトプランニング
代表:Masa(マサ)
【経歴】
高校卒業後アメリカへ語学留学(今も日常英会話程度はOK!)
帰国後神戸でホテルマンとして勤務
映画会社などの経験を得て
ブライダル写真会社へ就職
マネージャー就任
フォトグラファーとして撮影を始める
2013年フリーランスとして独立開業
フォトグラファー兼ウェディングプランナーとしてこれまで500組以上の結婚式撮影と200組以上のプロデュースを担当
Masa(マサ)の詳しいプロフィールはこちら>

お役立ち情報
国土交通省観光庁ホームページ
GoToトラベル事業関連情報
各空港の国際線の就航状況
国交省からのお知らせ
関係機関リンク集
外務省ホームページ
海外安全情報配信サービス「たびレジ」
パスポート(旅券)に関して
ESTA(エスタ)申請はこちら
厚生労働省ホームページ
海外渡航に関する水際対策(厚生労働省HP
入国前検疫WEB手続き「ファストトラック」

関連サイト・関連リンク
ANA(全日空)
JAL(日本航空)
ハワイアン航空
デルタ航空
ベトナム航空
阪急交通社

お問い合わせ・ご相談予約はこちら!

One Eight Planning

【ワンエイトプランニング】
代表:Masa

https://one8-p.com

blog

  • ベトナム結婚式・挙式は・・・

    「ベトナムで結婚式をしたい」でもどこがいいのか?どのように進めたらいいのかと考えているカップルもいらっしゃるのではないでしょうか。 「円安や物価高騰の影響...... more

  • 【最新】ハワイの結婚式・・・

    海外挙式人気No,1のハワイでの結婚式ですが、ついに再開しています。コロナ以前は毎日ハワイのどこかで結婚式が行われて、ビーチではウェディングドレス姿を見ない日は...... more

  • ハワイ結婚式で親族のみ・・・

    ハワイでの結婚式は、ふたりだけ挙式からご家族・親族のみの実施がとても多く、ゲスト人数も10名ほどの少人数の結婚式を出来るだけ安く挙げたいとお考えではないでしょう...... more

  • 【人気】ダナンでフォト・・・

    ベトナムのダナンは、アジアのリゾート地として注目されています。新婚旅行やハネムーンでダナンを予定されているなら、せっかくならフォトウェディングもいいです...... more

お問い合わせはこちらのフォームより▶