ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
2022年6月26日
和婚とは? 和装での結婚式の種類と費用について|【神社婚+】ワンエイトプランニング

和婚と聞いて、イメージされるのは着物を着て神社で結婚式を挙げることをイメージされるのではないでしょうか?もちろん間違いではありませんが、和婚にはさまざまなスタイルがあります。自分たちにピッタリの和婚を見つけるヒントになればと思い、和婚の種類や費用に関してご紹介させて頂きますので、ぜひ最後までお読みください。

和婚とは?

和婚とは、白無垢や色打掛などの和装で行う結婚式や前撮りなど「和」をイメージさせるウェディングの造語です。一般的に連想されるのは神社での結婚式「神前式」ですが、お寺での結婚式「仏前式」、和装前撮りやフォトウェディング、または自宅婚も和婚と呼ぶことができます。

順番に説明していきますね。

和婚のスタイル①「神社での結婚式」

神社での結婚式を「神前式」と呼びます。
神前式は、神社で申込みをして、初穂料といわれる挙式料金を納めれば行うことができます。

衣裳は、白無垢という真っ白な着物に綿帽子をかぶるような日本の伝統的なスタイルから、最近では色打掛や引き振袖など華やかなお着物にヘアスタイルも洋髪にされて神前式を挙げられる方も多くなってきました。

衣裳やヘアメイク、写真撮影のカメラマンを手配すれば立派な結婚式となります。
神前式に必要なアイテムや会食・披露宴もお考えの方は、プロに相談することをおすすめします。

和婚のスタイル②「お寺での結婚式」

お寺での結婚式を「仏前式」または「仏前結婚式」と呼びます。仏前式は、住職や僧侶が行う結婚式というイメージがあるかと思いますが、最近では御朱印集めの人気もありお寺で結婚式を挙げたいという一般のカップルもおられます。

仏前式は、冥加金と呼ばれる挙式料金を納めることで結婚式が可能です。冥加金は事前に設定されていることもあれば、「お気持ちで結構です」というお寺もありますので、直接お寺に問い合わせてみましょう。

仏前式の進行は、お寺によって異なりますが数珠(結婚式では寿珠と書きます)の交換や、お焼香があります。洋風の結婚式のように指輪交換を行う場合もあります。

衣裳に関しては、新婦は白無垢や色打掛など、新郎は紋付袴の和装はもちろん似合いますが、新郎はスーツやタキシードの場合もあります。

和婚のスタイル③「神殿での結婚式」

神殿での結婚式は、神社ではなくホテルや専門式場の中にある神殿にて行う神前式のことです。
場所が違うだけで、内容は神社で行う神前式と同じです。一般的には、ホテルなどの会場となる場所から近い神社の神職や巫女が出張して挙式と執り行います。

和婚のスタイル④「宴内人前式」

宴内人前式とは、披露宴の進行に結婚式を入れてしまうというスタイルです。場所は、ホテルや結婚式場の披露宴会場にて行います。お父さんと入場や指輪交換、結婚証明書に署名するなどがありますが、内容に決まりはありませんのでオリジナル感を出すことも可能です。

和婚のスタイル⑤「自宅での結婚式」

日本の伝統的な結婚式のスタイルに自宅での結婚式「自宅婚」というものがあります。
自宅で結婚式を行い、会食や披露宴も自宅で行います。人数によってはある程度、自宅が広くないと出来ないため田舎暮らしや、ご実家で実施される方がいらっしゃいます。

和婚のスタイル⑥「前撮り・フォトウェディング」

和装での前撮りや、結婚式は挙げずにお写真撮影だけ行うフォトウェディングも和装であれば「和婚」と呼ぶことができます。

スタジオでの撮影もありますが、日本庭園や公園などで撮影するロケーションフォトが人気です。

費用に関しては、撮影代・衣裳代・ヘアメイク代など一式含めて、15万円~20万円程度が一般的です。

関西では、大仙公園・勝尾寺・奈良公園などのロケ地で、桜・新緑・紅葉のシーズンに撮影が集中するので早めのご予約がおすすめです。

▶前撮り・フォトウェディングのギャラリーページ

和婚の費用はいくら?

和婚の費用はおよそ10万円~30万円です。神社やお寺の場合、挙式料金となる初穂料や冥加金を納めて、衣裳やヘアメイク・写真撮影を追加した場合に、30万円未満の費用で実施される方の割合がもっとも多くなっています。

披露宴や会食などを追加される場合や、ご自身のこだわりによって費用が変わってきますので、プロのウェディングプランナーに相談しましょう。

和婚の場合は、専属のウェディングプランナー探しが難しいかと思いますが、フリーランスのウェディングプランナーやプロデュース会社へお問い合わせしましょう。

神社婚+では、すべての「和婚」に対応しており、高品質・低価格で結婚式が挙げられます。

まとめ

和婚は、日本の良さがつまった結婚式の形で様々な種類があります。自分たちの好みや、ご予算に応じて選ばれてみてはいかがでしょうか?
とはいえ、初めてのことでわからないことも多いと思います。まずはプロに相談してみましょう。

【神社婚+】は和婚の写真撮影のみでも、披露宴や会食までトータルプロデュースもできます。ぜひご相談ください!

▶神社婚+のページを見る

【筆者のプロフィール】

ワンエイトプランニング
代表:Masa(マサ)

【経歴】
高校卒業後アメリカへ語学留学(今も日常英会話程度はOK!)
帰国後神戸でホテルマンとして勤務
映画会社などの経験を得て
ブライダル写真会社へ就職
マネージャー就任
フォトグラファーとして撮影を始める
2013年フリーランスとして独立開業
フォトグラファー兼ウェディングプランナーとしてこれまで500組以上の結婚式撮影と200組以上のプロデュースを担当
Masa(マサ)の詳しいプロフィールはこちら>

【関連記事】
国内結婚式のウェディングリポート
前撮りのプラン・料金
前撮りのフォトギャラリー
文化財の保護に関して

お問い合わせ・ご相談予約はこちら!

One Eight Planning

【ワンエイトプランニング】
代表:Masa

https://one8-p.com

blog

  • 【人気】ダナンでフォト・・・

    ベトナムのダナンは、アジアのリゾート地として注目されています。新婚旅行やハネムーンでダナンを予定されているなら、せっかくならフォトウェディングもいいです...... more

  • ハワイ結婚式で親族のみ・・・

    ハワイでの結婚式は、ふたりだけ挙式からご家族・親族のみの実施がとても多く、ゲスト人数も10名ほどの少人数の結婚式を出来るだけ安く挙げたいとお考えではないでしょう...... more

  • 結婚式の前撮りを失敗し・・・

    結婚式の前撮りは約70.8%のカップルが実施するほど、定番になってきました。「当日と違う衣裳が着られる」「和装で前撮りしたかった」という理由から前撮りは年々増え...... more

  • ハワイ挙式は何日目がい・・・

    ハワイ挙式を決めていく中で、「挙式は何日目がいい?」「新婚旅行も兼ねて必要な日数は?」と日程について悩まれている方も多いのではないでしょうか?実際にあったトラブ...... more

お問い合わせはこちらのフォームより▶