ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
2022年5月30日
「新婚旅行がハワイ」のカップルにはハネムーンフォトウェディングがおすすめ

新婚旅行の行き先としてハワイを選ぶカップルも多いですよね。新婚旅行でハワイに行く方々にぜひおすすめしたいのが、ハネムーンフォトウェディングです。ハワイでの新婚旅行中に、ビーチやダウンタウンでウェディングフォト撮影を行ってみてはいかがでしょうか。ハワイならではの雰囲気で撮影できるので、思い出に残る素敵な写真が仕上がるはずですよ。この記事ではハワイでのハネムーンフォト撮影について「人気がある理由」や「人気のロケーション」「費用」について紹介します。

ハネムーンフォトウェディングってなに?


ハネムーンフォトウェディングとは、新婚旅行先でウェディングらしい写真を撮影することです。「新婚旅行中にウェディングフォトを撮影すること」と言ってもよいでしょう。

従来は「ウェディングフォト撮影」といえば、結婚式とは別日にスタジオなどで前撮りするのが一般的でした。しかし最近では新婚旅行中にウェディングフォト撮影を楽しむカップルの増えています。

海外旅行が一般的になったことや、海外ウェディングを扱うプランニング会社が増えたことの影響かもしれませんね。

「新婚旅行」と「ウェディングフォト撮影」が同時にできるので、挙式なしのカップルにも人気があります。

ハワイでのハネムーンフォト撮影のメリット


ハワイでハネムーンフォト撮影を行うメリットについて紹介します。

ロケーションが良く素敵な写真が撮影できる

ハワイでのフォトウェディングの魅力は、何といってもロケーションのよさ。

「ビーチ」「公園・庭園」「ダウンタウン」「リゾートホテル内」などで、旅先ならではの非日常感溢れる写真が撮影できます。「ハワイならではのナチュラルなウェディングドレス姿」を写真に残すのもいいですね。

「SNSへの投稿」「結婚報告のハガキ」に使っても、写真が映えることでしょう。

また国内での結婚式の前にフォトウェディングを行うと、結婚式のウェルカムボードなどにハワイでの写真を使えて素敵ですよ。

新婚旅行に組み込めば効率も良い

新婚旅行にフォトウェディングを組み込むことで、効率もよくなります。

旅行と写真撮影を同時に準備できますし、写真撮影の日程を別途調整する必要もなくなるからですね。

また旅程に撮影を入れることで、新婚旅行がさらに特別で楽しいものになるのではないでしょうか。

ハネムーンフォトでハワイが人気の理由は?

新婚旅行の行き先やハネムーンフォトウェディングの場所としてハワイが選ばれる理由は、いくつかあります。

  • ✅治安がいい
  • ✅日本語が通じやすい
  • ✅ロケーションがいい
  • ✅年間通して気候がいい

ハワイは治安がよく、日本人や日本語が話せる人も多いため、安心して新婚旅行やウェディングフォト撮影を行えます。日本人が経営するドレスレンタルショップや、ハワイ在住の日本人カメラマンなどもいますよ。

またビーチ・ダウンタウンともに「絵になる」風景が多く、素敵なウェディングフォトが撮影できるのもハワイの魅力。

年間通して気候がよく、雨が降っても短時間で止むことが多いので、お天気の心配が少ないのも嬉しいポイントです。

ハネムーンフォトはいつごろ予約すべき?


ハワイでのハネムーンフォトウェディングを考えているなら、基本的には早めの予約がおすすめです。新婚旅行の旅程が決まったら、できるだけ早く撮影日程を予約しましょう。

中には「撮影10日前まで申し込み可能」というプランニング会社・プランもありますが、あまりギリギリですと希望日時に予約できない可能性もあるからです。

とくにハイシーズン(日本の大型連休や年末年始など)はハワイも混み合いますので、その時期に新婚旅行を考えている方は早めに動くのがおすすめ。

また撮影用のドレスやタキシードを日本国内でレンタルする場合は、ドレスや小物を選ぶ時間も必要です。

3ヶ月ほど前ですと、余裕をもって申し込みできるでしょう。

ハワイで人気のロケーションはビーチやダウンタウン

ハワイのハネムーンフォトウェディングで人気なのは、やはりビーチ。ダイヤモンドヘッドが見え、ビーチ背景でも緑背景でも撮影できるアラモアナ・ビーチパークなどがとくに人気です。

参考にアラモアナ・ビーチパークで撮影した写真を紹介しますね。

またダウンタウンでの撮影もおすすめ。ちょっとレトロな雰囲気で、劇場やパブの前でオシャレな写真が撮影できます。

ダウンタウンで撮影した写真も紹介します。

おすすめのロケーションをまとめますと、以下のとおりです。

ダウンタウン レトロな建物が多いフォトウェディングの人気スポット。日中は車も比較的少なく、撮影しやすい。
アラモアナビーチパーク ダイヤモンドヘッドが見える人気のビーチパーク。緑を背景にした写真も撮影可能。夕日の名所であるマジックアイランドとつながっている。
ワイアラエビーチ 高級住宅地の一角にある静かなビーチ。ビーチパークでは緑を背景にした写真も撮影可能。
カピオラニ公園 ダイヤモンドヘッドのふもとに広がる広々とした公園。大自然をバックに写真撮影したいカップルにおすすめ。
カカアコ カラフルなウォールアートで人気になっているスポット。個性的なウェディングフォトを撮影したいカップルにおすすめ。
カイマナビーチ 静かで落ち着いた雰囲気のビーチで、夕日の名所として有名。夕日をバックに大人っぽい雰囲気で撮影したいカップルにおすすめ。

ハネムーンフォトの予算は衣裳なしプランで60,000円ほど


ハネムーンフォトウェディングにかかる費用は、プランニング会社によってさまざまです。

ワンエイトプランニングでは58,000円から撮影プランをご用意しています。衣裳なしであれば60,000円程度が妥当な価格と思っていただければいいかと思います。

ただ同じ60,000円でも、もらえる写真データのカット数が極端に少ない場合がありますので注意しましょう。

写真撮影当日の流れは?

ハネムーンフォトウェディング当日の流れは、おおまかには以下のようになります。

  1. ①着替え・ヘアメイクを自身で済ませる
  2. ②現地でカメラマンと待ち合わせ
  3. ③撮影

「カメラマンと現地で待ち合わせて撮影する」という、とてもシンプルな動きですよね。

もちろん「ホテルまでの送迎」「ヘアメイク」を現地でお願いできるプランもあります。その場合は待ち合わせ場所などが変わります。

ハワイ新婚旅行中にフォトウェディングする場合の注意点

新婚旅行中にハワイでフォトウェディングする場合の注意点を紹介します。

希望のポーズ・構図の参考写真を用意しておくべき?

フォトウェディングにあたっては、経験豊富なフォトグラファーぜひお任せ頂ければと思います。

その日にあった光加減やお二人の雰囲気から理想のポーズや構図に導いてくれます。

「お姫様抱っこの写真がほしい!」「憧れのポーズがある」など、マストカットではないようなカットがある場合には希望のポーズ・構図の参考写真を用意しておきましょう。イメージ通りの写真に近づけてくれます。

担当カメラマンに参考写真を見てもらえば、言葉で説明するよりもイメージが共有しやすくなります。

「構図・ポーズがよくわからない」という方は、全くのお任せでも問題ありませんが、インスタグラムやプランニング会社のフォトギャラリーなどで写真を探してみてはいかがでしょうか。

ドレスは日本で調達しておくべき?

「衣裳にこだわりたい」「新婚旅行で観光を満喫したい」という場合は、ドレスは日本で準備して持ち込むのがおすすめ。

というのも、ハワイ現地で撮影用のドレスを調達する場合、なかなか希望のドレスが見つからないケースもあるからです。ハワイでの貴重な時間をドレス選びに費やしたり、気に入らないドレスで撮影するのはイヤですよね。

荷物は増えてしまいますが、日本からドレスを持ち込むことをおすすめします。ちなみにワンエイトプランニングでは日本で3万円~ドレスレンタルが可能で、ご自身で手配された衣裳でも、持ち込み料はいただきません。

利便性と価格を重視しながらも、厳選したドレスをハワイ現地にてレンタルもございますのでご相談ください。

なおハワイでのフォトウェディングでの失敗例や注意点については、こちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。
▶ハワイでのフォトウェディング失敗例と注意点について

まとめ:新婚旅行でハワイにいくなら、ウェディングフォト撮影で思い出を残そう

新婚旅行でハワイに行くなら、ハネムーンフォトウェディングを旅程に組み込むのがおすすめ。ハワイならではの素敵なロケーションで撮影した写真が残せて、二人の思い出にもなるからです。

ロケーションとしてはビーチが人気ですが、ダウンタウンやウォールアートを背景にした写真もオシャレでおすすめ。

ハイシーズンですと希望日時に希望カメラマンの予約が取れないこともあるので、新婚旅行の日程が決まったら早めに手配しましょう。

ワンエイトプランニングでも実績豊富な現地カメラマンを手配できますので、ハネムーンフォトウェディングを考えている方はぜひお気軽にご相談ください。

〈筆者のプロフィール〉

ワンエイトプランニング
代表:Masa(マサ)
【経歴】
高校卒業後アメリカへ語学留学(今も日常英会話程度はOK!)
帰国後神戸でホテルマンとして勤務
映画会社などの経験を得て
ブライダル写真会社へ就職
マネージャー就任
フォトグラファーとして撮影を始める
2013年フリーランスとして独立開業
フォトグラファー兼ウェディングプランナーとしてこれまで500組以上の結婚式撮影と200組以上のプロデュースを担当
Masa(マサ)の詳しいプロフィールはこちら>

【関連記事】
●ハワイ結婚式で親族のみの費用はいくら?|格安ハワイ挙式にする方法
●オアフ島(ハワイ)の教会挙式・結婚式のオススメな理由とは?
●円安の状況でハワイ挙式・結婚式を上手に安くする方法とは?
【ハワイ挙式・結婚式】ウェディング費用や節約方法を徹底解説!
●ハワイ挙式に必要な滞在日数は?新郎新婦のスケジュールを紹介
●ハワイの結婚式をふたりだけで挙げる費用とメリット・デメリット
●ハワイウェディングTOPページ
●先輩カップルのギャラリーページ

お役立ち情報
国土交通省観光庁ホームページ
GoToトラベル事業関連情報
各空港の国際線の就航状況
国交省からのお知らせ
関係機関リンク集
外務省ホームページ
海外安全情報配信サービス「たびレジ」
パスポート(旅券)に関して
ESTA(エスタ)申請はこちら
厚生労働省ホームページ
海外渡航に関する水際対策(厚生労働省HP
入国前検疫WEB手続き「ファストトラック」

関連サイト・関連リンク
ANA(全日空)
JAL(日本航空)
ハワイアン航空
デルタ航空

お問い合わせ・ご相談予約はこちら!

One Eight Planning

【ワンエイトプランニング】
代表:Masa

https://one8-p.com

blog

  • ベトナム結婚式・挙式は・・・

    「ベトナムで結婚式をしたい」でもどこがいいのか?どのように進めたらいいのかと考えているカップルもいらっしゃるのではないでしょうか。 「円安や物価高騰の影響...... more

  • 【最新】ハワイの結婚式・・・

    海外挙式人気No,1のハワイでの結婚式ですが、ついに再開しています。コロナ以前は毎日ハワイのどこかで結婚式が行われて、ビーチではウェディングドレス姿を見ない日は...... more

  • ハワイ結婚式で親族のみ・・・

    ハワイでの結婚式は、ふたりだけ挙式からご家族・親族のみの実施がとても多く、ゲスト人数も10名ほどの少人数の結婚式を出来るだけ安く挙げたいとお考えではないでしょう...... more

  • 【人気】ダナンでフォト・・・

    ベトナムのダナンは、アジアのリゾート地として注目されています。新婚旅行やハネムーンでダナンを予定されているなら、せっかくならフォトウェディングもいいです...... more

お問い合わせはこちらのフォームより▶