ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
ワンエイトプランニング
2022年3月20日
ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット・デメリット

ハワイにハネムーンや新婚旅行に行く予定があれば、せっかくなので、ビーチやハワイらしいロケーションで写真を残したいですよね。すでにウェディングドレスを購入して持っている場合や、お気に入りのドレスを着てフォトウェディングをしたいけど、どの手配会社もドレスがセットになったプランばかりで、持ち込みドレスでは撮影できないとか、持ち込み料金がかかることに悩まれていませんか?または、気軽にアロハシャツやワンピースなど私服を着ての撮影や家族フォトを低価格でお探しの方に、ドレスや私服を持ち込みでフォトウェディングをハワイで実施する場合のメリット・デメリットをご紹介いたします。

目次

ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット・デメリット

特別なハワイへの旅行を華やかにするフォトウェディング。青い空と青い海のビーチでの撮影や、ワイキキの街中撮影、ダイヤモンドヘッドを背景にした写真などお気に入りのドレスで写真を残したいですよね。そこでレンタルドレスや購入したドレスを持ち込むメリットとデメリットについて下記を参考にしてください。

ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット

ハワイでのフォトウェディングにドレスを持ち込むことによって、得するメリットがあります。特別な一日にするヒントがあるかもしれませんので最後までお読みください。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット①】費用が格安になる

すでにドレスを購入したり、ゆずってもらったドレスがある場合には、ハワイでのフォトウェディングのために、レンタルをしなくてもいいため、衣裳代を抑えることができます。また、ハワイのフォトウェディングを手配する会社によっては、プランに含まれている衣裳には選べる制限がある場合もあるので、後から追加料金が発生する可能性があります。日本で事前に用意したドレスがあれば、あとから費用が高くなる心配がないので、結果的に格安にできる可能性があります。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット②】好みのドレスを用意しやすい

写真が綺麗な手配会社でも、好みのドレスがあるとは限りません。日本で事前に好みのドレスを用意することができれば、ハワイで失敗のないフォトウェディングを行うことができます。憧れのドレスショップがある方や、家族や友人が作ったドレスで撮影したいという方には、持ち込みでのフォトウェディングが向いています。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット③】自分にあったプランにアレンジできる

ハワイでフォトウェディングのプランを探していると、ドレスもヘアメイクもすべてセットになっていることが多く、結果的にはアレンジが難しい場合があります。ドレスの持ち込みが可能な手配会社の場合、ヘアメイク・送迎・ロケ地の追加など、必要な物だけを選んでプランを作ることができます。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするメリット④】格安なので毎年の記念撮影にできる

ハワイのフォトウェディングには、ウェディングドレスではなくてもワンピースやアロハシャツ、ムームーなどの私服でも可能です。私服フォトウェディングの場合は、動きやすくロケ地に現地集合も可能です。その分、費用も格安なので毎年ハワイ旅行を計画されていたり、お子様が生まれて家族写真を残したい場合にもご利用いただけます。ワンエイトプランニングの「Ohana Easy Photo」ならハワイでのフォトウェディングや家族写真を格安にて手配可能で、ドレスの持ち込み料金も無料です。

▶ワンエイトプランニングのハワイフォトウェディングプランを見る

ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするデメリット

ハワイでドレスを持ち込んでフォトウェディングをお考えの場合にはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするデメリット①】ドレスを持っていない

ウェディングドレスを着て、ハワイでフォトウェディングをしたいけど、現在ドレスを持っていなくて新たにドレスをレンタルしないといけない場合には、ドレスショップを自分で探す必要があります。検討しているドレスショップの品質や価格などを把握していない場合は、結果的に高くなる場合があります。その場合には、ワンエイトプランニングでは日本で試着できるドレスショップのご紹介もしております。ドレスレンタルだけでもお気軽にご相談ください。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするデメリット②】持っている衣裳がハワイのイメージに合わない

国内で結婚式や披露宴の予定があり、購入したドレスがある方でも、そのドレスは国内の結婚式場をイメージして選ばれたと思います。そのドレスが必ずしもハワイの雰囲気に合っているとは限りません。あまりにもボリュームのあるドレスでは、ビーチでのフォトウェディングに不向きだったりもします。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするデメリット③】ドレスのメンテナンスが必要

ハワイのビーチやロケ地での撮影は、アテンドが気を配っていても、ドレスがやはり汚れてしまいます。そのまま国内の結婚式にも利用する場合にはクリーニングやメンテナンスが必要になります。思わぬ出費になることもあるのでご注意ください。
レンタルのドレスショップではメンテナンスパックや万が一の破損補償などもご用意があるところもあるのでご確認ください。

【ハワイのフォトウェディングでドレスを持ち込みするデメリット④】持ち込みが出来る手配会社がない

ハワイでは、ドレスもセットになっているフォトウェディングのプランが多く、そもそもドレスが持ち込める手配会社が少ないです。持ち込みが出来たとしても、セット料金が安くならないどころか、持ち込み料金が追加でかかる場合もあります。ワンエイトプランニングでは、出来るだけ希望のフォトウェディングを実施して頂きたいので、ドレスの持ち込みは自由にしていただけます。持ち込み料金も頂いておりませんので、お好きなドレスを着てハワイでのフォトウェディングをお楽しみください!

【ハワイのフォトウェディングでドレスが持ち込みできるのはワンエイトプランニングがお得】

ワンエイトプランニングはハワイでのフォトウェディングを格安にてお申込みが出来ます。また、フォトウェディングの場合はご来店不要で日本全国から簡単にお申込みができます。まずは、基本プラン「Ohana Easy Photo」をご確認ください。

▶ワンエイトプランニングの「Ohana Easy Photo」の撮影料金

ヘアメイクや送迎、ロケ地の追加などのお見積りもご来店不要で、お問い合わせフォームやLINEから即時お見積りいたします。また、ワンエイトプランニングは、ハワイ挙式など結婚式のプロデュースと写真を扱っており、オリジナルのアルバム制作も行っております。ハワイでのフォトウェディングを、国内挙式の前撮りとしてご利用される場合には、結婚式当日に飾ることのできるウェルカムボードの制作も承っております。

▶ハワイフォトウェディングのお見積りのご依頼

「ハワイでのフォトウェディングを考えていたら、ハワイ挙式がしたくなってきた!」という方にはハワイ挙式のプロデュースも行っております。ハワイの厳選した結婚式場をご確認ください

▶ハワイでの結婚式をご検討の方はこちら

〈筆者プロフィール〉

ワンエイトプランニング

代表:Masa(マサ)

【経歴】
高校卒業後アメリカへ語学留学(今も日常英会話程度はOK!)
帰国後神戸でホテルマンとして勤務
映画会社などの経験を得て
ブライダル写真会社へ就職
マネージャー就任
フォトグラファーとして撮影を始める
2013年フリーランスとして独立開業
フォトグラファー兼ウェディングプランナーとしてこれまで500組以上の結婚式撮影と200組以上のプロデュースを担当
Masa(マサ)の詳しいプロフィールはこちら>

お問い合わせ・ご相談予約はこちら!

One Eight Planning

【ワンエイトプランニング】
代表:Masa

https://one8-p.com

blog

  • ハワイ結婚式当日が雨だ・・・

    ハワイでの結婚式といえば「輝く太陽のもとで行われる」というのが一般的なイメージかもしれません。しかしハワイでも雨は降ります。 そのため「ハワイ挙式...... more

  • 【ハワイ挙式・結婚式】・・・

    海外挙式に憧れている方にとって、まず一番に候補にあがるのがハワイウェディングではないでしょうか? ハネムーンを兼ねてハワイ挙式を行うと意外と安く済...... more

  • 【安い会社を選ぶよりも・・・

    「結婚式は挙げないけれど写真は残したい」という方に人気なのが、ウェディングフォト撮影です。ロケーション抜群のハワイで、新婚旅行を兼ねてウェディングフォト...... more

  • 【ハワイ旅行解禁】6月・・・

    長らく遠のいていた海外旅行でしたがついに解禁です!ついにハワイ旅行も可能になる!水際措置に大幅な変更がありました。これまで最大のネックだった帰国時の隔離や自宅待...... more

ワンエイトプランニング